So-net無料ブログ作成

張棟梁 [北京留学]

そうだ、あたしの好み?は一般的な感じとちょっとずれてる時があるそうなのであしからず(笑)そうでもないときもあるらしいけど、場合によっては誰の同意も得れません

張棟梁8.jpg

次は
張棟樑(ヂャン・ドンリャン)ニコラス・チャン♪♪
通称“微笑王子”でもあたし的には“お兄ちゃん”
ん、お兄ちゃんと呼んでる人意外と多くないか。
他にもどんりゃん兄ちゃんとかニコラスとか自由に呼んでますけどねv

マレーシア人のにこらす。多民族国家出身だけあって普通語・広東語・英語・マレー語が話せるマルチリンガルです!!!
台湾の大学に留学しているときにデビューのチャンスをつかむも実現には至らず、その後マレーシアで行われたオーディションでグランプリを獲得をきっかけに2003年デビュー。“K歌王子”なんても呼ばれてます。世界に一つだけの花のカバーも歌ってます☆

あたしが張棟梁を知ったのは台湾ドラマ“微笑PASTA”
このとき役の設定で兄だったので“お兄ちゃん”なんです(単純)
主役の一人、スーパースター何群の役。最初見た時は「何でこの人?いやーないない…」と素直に思いました(爆)しかし気づけばドラマにハマりつーか何群にハマってた。人生どうなるかわからんもんで(大袈裟)
いやどう見ても何群より弟の阿哲の方がワイルド系でカッコいいさ。阿哲役のGinoも男前。K-ONEのメンバーだし。てかあの二人が兄弟って時点で顔違いすぎやし、ほんわか一重とばっちり二重(笑)でも!でも!あたしは何群が良いの。そんなに一般的にはカッコよくないけどね。
でも大好きだからしゃあねぇやん!!もう無理。
何より声がむっちゃ好き。
「好▢馬?」「走吧」「没事▢馬?」「来、慢慢走」
お兄ちゃんの言葉の最後のちょっとした気遣いのやさしい声が大好き!
いたずらっぽくにこぉーってするとこも好き。ちょっと上から目線の余裕ありキャラに弱い私。

そんなわけでがっつりハマりまして、本業は歌手なので歌ももちろん聞いてます。“微笑~”でも歌手の役で作中でも歌ってるし実際にEDも歌ってます。そんでその歌がやっぱり好きなんですよvv
今まで仔仔があたしの一番好きな声のアジア芸能人だと想ってたけど、これはお兄ちゃんの方が上ではないか!と最近試行中。
“只因為ィ尓”や“但ィ尓孤単ィ尓会想起誰”とかお勧めです♪
あとご両親をへの歌でもある“ばばまま”〈漢字が出ないので…〉もいいです。最近では新しい張棟梁を打ち出すとかで今まであんまりなかった感じの歌も歌ってます。

お兄ちゃん自身もぴしっと芯は通ってるんだけど、ほんわかふんわりしてて優しい人。よく喋りヘン顔もする楽しい人です。ほんとよく喋るMVもメイキングでマイクを持ってしゃべってるのリポーターみたい(笑)話し声も柔らかくて癒し効果あるよ絶対!唄う前にビシッと顔が変わってスイッチの切り替えがきちっとしてる人なんだろうなと思います。
それに手がめっちゃ綺麗vvおっきくて指が長い。素敵な手です。
台湾芸能人にしては細い。がっしりした人多いからね。でも細い方が好きなので個人的には全く問題なしむしろそっちがいい(笑)
ファンも若い人、大人の人、男性はもちろん小さい子供までおるんがニコラスの魅力の証明ではないかな☆サイン会の映像とかMVで使われえてお子さんたちがほんとによく来てる。
お兄ちゃんはほんとにおもしろくて魅力的なのでネタはたくさんあります(笑)

あ、そうだお兄ちゃんはじゅんじゅんにむっちゃ似てます!!!!
いつもではないけど写真がほんとに似てて一回画像並べてすっ転びそうになったことがあるくらい似てます!
良い画像が無かった↓
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

古谷 治

はじめまして。

私は、西安時代から続く、姫>緯>司馬晋王(白虎)の直系
子孫で、2男で、最近にちょうど50歳になりました。
彼には伯父さんっぽいような存在ですね。

Nicholas君を最初に知ったのは、17年位前で1993年位で、
彼が11歳くらいの時でしたが、なんて賢そうで覇気にあふれた
まばゆいばかりの素敵な王子様なのかと思いました。

ただ、なんであんなに諸葛孔明に似ているのかなあ~。などと
いう風にも思っていたのですが、
なんと、蜀の劉備とか諸葛孔明辺りの子孫で、長男の子みたい
ですね。

魏・青龍~呉の子たちも、最近にだいたい見つけたのですが、
見るからに、体はでかくて強そうで、まさにドラゴンみたいな
子たちばかりですから、
なんで、第一皇帝の蜀の子だけがあんなになっちゃたのかな~!
とかは、時々に、思っていたのですが、、、、

最近では、まあいいかな!っていう風にも、思えます。

彼自身が、とても幸せそうで居て、人にやさしく接し、幸せな
心持ちにできるようなことは、ただ強いだけではできないことで、
良い慈しみの心を持っていることで、大切なことだとも思います。

日本のファンの皆様には、彼のことを、今後とも、是非よろしく
お願いします。
by 古谷 治 (2010-02-16 06:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。